ネット誹謗中傷を受けないようにするための方法

叩かれる原因となる行動は慎むこと

例えば犯罪を犯してしまうと、その記録はずっとネット上に残ってしまいます。犯罪ではなくても、ちょっとした不正をしてしまうだけでも叩かれてしまう可能性は出てきます。もしも顔を出して公に活動をしているのであれば、悪いことをしないように気を付けておきましょう。失言にも注意が必要です。うっかり失言をしてしまうと、それだけでネット誹謗中傷のターゲットになってしまう可能性があるので要注意です。確実に安全な、誤解を生まない発言のみをしていくのが無難です。

個人情報をむやみに公開しないこと

芸能人なら正体を隠すということは難しいかもしれませんが、一般人ならネットをするときには正体を明かす必要はありません。匿名で活動をしておけば、ネット誹謗中傷のターゲットになってしまう可能性は一気に減らせます。名前や顔写真をネットにむやみにアップするのは辞めておくのがいいでしょう。きちんと自分の行動に責任が持てるようになってから、正体は明かして活動をするのがベストです。誰か分からない人を執拗に攻撃してくる人はあまりいません。

味方をしてくれる人を増やすのも大事

味方を多く作っておくということも、ネット誹謗中傷を受けないコツの一つになります。もしも誰かが誹謗中傷をしてきても、大勢の人に反論をしてもらえれば、身を守ることができる可能性は高まるからです。また、仲間が大勢いればネット誹謗中傷をされたとしても気にならなくなるのがいいですね。言いたい人には言わせておけばいいというスタンスを取れるので、強気に生きていけます。孤独な場合は精神的に負担が大きくなってしまうので、ネット誹謗中傷をされる前から味方は一人でも多く作っておきましょう。

サジェストとは検索エンジンのキーワードに出てくる検索候補ワードのことです。そこにでる出るようにして宣伝する、もしくは出ないように、誹謗中傷対策をするなど対応する事をサジェスト対策といいます