ネットでの誹謗中傷にあった際の対策方法3選?!

まずは冷静に判断しよう?!

ネット上で誹謗中傷にあった際に、カッとなって仕返ししてしまう対策方法はオススメできません。まずは書かれた内容が、法的に誹謗中傷に当たるものかを分析しましょう。誹謗中傷の内容によっては、侮辱罪や脅迫罪、名誉毀損罪や業務妨害罪などに匹敵し、法的に訴えられることが出来るのです。また、住所や写真などを勝手に公開されるように嫌がらせを受けた場合は、プライバシーの侵害として損害賠償請求ができる場合もあります。

訴訟を起こすなら警察へ!消去依頼は法務局へ!

ネット上で行われた誹謗中傷に対して訴訟を起こす場合は、警察へ相談しに行きましょう。情報不足だと取り合ってもらえない場合もあるので、誹謗中傷された証拠をとっておき、持っていくと良いです。また、警察では誹謗中傷として取り扱えないと判断される場合もあるので、訴える前提の場合は、直接弁護士に頼むのも良いです。ネット上にあげられている誹謗中傷を消去したい場合は、掲示板などの管理者に連絡して消去してもらうか、法務局へ消去依頼をしましょう。

逆SEOの専門業者に依頼しよう?!

ネット上の掲示板などの管理者に消去依頼をしても、削除依頼にはルールがあるので、犯罪行為に匹敵するのであれば警察へ相談しに行ってくださいや、ガイドラインに沿っていないため削除できないと言った場合があります。そういった場合は、専門の知識のある、逆SEOに相談すると良いでしょう。様々なジャンルの2chやブログやSNSなどによる誹謗中傷に対応してもらえて、しっかりとしたノウハウを生かして対応してもらえます。また、成功報酬型の業者が多いため安心して依頼することができるでしょう。

近年のネット環境下では、説明不足や軽はずみな書き込みが大きな誤解を招きかねません。その為に必要なのが誹謗中傷対策です。特に若年層は失言をしやすい傾向があるので、芸能事務所ではブログ等を精査を行います。