ノートパソコンを選ぶ場合のポイント

外で使うならモニターサイズの小さなものを選ぼう

ノートパソコンの選び方のポイントはいくつかあります。まず、持ち運びを考えている、つまり外で使う場合もあるというのであれば、本体の大きさとバッテリーが重要なポイントになってきます。本体の大きさは基本的に重さに比例するので、バッグなどに入れて持ち歩くことを考えているのであればできるだけ小さなものを選ぶようにしましょう。ノートパソコンの大きさはモニターのサイズでだいたいわかります。サイズは11インチから15インチ程度ですが、外で使うなら一番小さな11インチのものがいいでしょう。

家の中でのみ使う場合はスペック重視

バッテリーは容量とともにパソコンのスペックによっても、どれぐらい持つのか変わってきますので、スペック表を見て確認しましょう。外に持っていくことはなく、室内のみ、それも机の上など一定の範囲内で使うという場合は、スペック重視で選ぶようにしましょう。というのは、こうした使い方であればデスクトップと条件は変わらないため、デスクトップ並みのスペックを追求した方が使い勝手がいいからです。電源があるのでバッテリーの容量もまったく気にする必要はありません。

デザインを重視して選ぶ場合は

外で使う場合は、デザインを重視するという選び方もあります。最近、カフェの窓際の席でノートパソコンを開いている人が増えていますが、おしゃれの演出のため、そうしている人も決して珍しくはありません。デザイン重視の場合は、薄さもできるだけ追求した方がいいでしょう。薄いパソコンの場合、光学ディスクドライブがないものもありますが、最近はフラッシュメモリが大容量になってきて、光学ディスクの数枚分のデータを入れられるのでそれほど問題にはならないでしょう。

パソコンをうまく使うことによって作業を効率化し、時間をうまく使うことができます。パソコンに慣れていない人もまずはパソコンに触れてみて、簡単な作業からやってみることが大事です。